11月のメール句会

小路 智壽子先生選

11月15日締め切り分






4 スマートフォン一念発起や文化の日 河村ひいづ
5 高らかに鳴らす大鈴神の留守 伊藤瓔子
10 菊花展咲けよ香れよ雅楽奏 丸谷和子
15 紫の幕をめぐらせ古典菊 関 恵子
27 搗き上げて黄金に光る黍の餅 井上眞千子
28 朝日射すさくら紅葉の通学路 伊藤瓔子
29 くたびれが愛し冬帽手放せず 吉川元二
特選 31 ささくれのひりりと沁みる今朝の冬 関 恵子
34 絵手紙のひとこと楽し文化の日 河村ひいづ
35 建売の売れたる証拠布団干す 堀内淑子
36 枯はちす乱るるままに風に鳴り 池田宏治
特選 37 糸菊の糸絡まりもなく優雅 丸谷和子
45 青石の坐る築山紅葉寺 岸本隆雄
46 石段の裾こんもりと落葉積む 荻野 操
48 通勤路睨み利かすや寒鴉 北崎広治
54 坊守や薪を山積み冬に入る 池田章子 原句 坊守の薪を山積み冬に入る
55 つかの間の無念無想や日向ぼこ 吉川元二
56 どこそこと言はず木の実の深大寺 池田宏治
58 稲を刈るビルの谷間の一枚田 河村ひいづ
59 柿落葉色の綺羅やか惜しみなく 奥原尋嘉
62 出会ひから半世紀かと落葉踏む 高田信行
68 池囲む土手の錦繍冬紅葉 丸谷領一
特選 79 落葉踏み藩主の井へと歩をのばす 丸谷和子
81 旅なれば話の種と利酒す 玉本由紀子
84 マスク越し披講の声のくぐもりぬ 池田章子
90 七五三父おめかしの毛染めかな 河村ひいづ
98 昼下がり睡魔が襲ふ小春かな 北崎広治
103 無患子の実のあちこちに深大寺 岸本隆雄
105 落葉炊く煙の中の興福寺 井上眞千子
準入選
21 西湖模す池を取り巻き石蕗は黄に 岸本隆雄